新・かわら版

「逃げ恥」つまらない人は心が老化!?ムズキュンヒットの理由

 
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
:2016/12/24(土) 12:42:51.79 ID:
2016年秋ドラマ「逃げるは恥だが役にたつ」が“ムズキュン”や“恋ダンス”などのブームを作り出し、20日放送回では20.8%の視聴率を記録して最終回を迎えました。数日たった現在は“逃げ恥ロス”なんて言葉も生まれ、しばらく人気は続きそうです。

このドラマのヒットを歓迎する一方で、中には「何が面白いのかからない!」と言う人や、「今さらブームに乗っかるのは恥ずかしい」なんて考えている方もいるようです。

ただ近年の“恋愛しない若者世代”の考えを考慮してドラマを見ていくと、このドラマが流行ったのはネットの“恋ダンス”などではなく、恋愛臆病世代の圧倒的な“共感力”を得ているからともいえます。

今回、若い人は恋愛しない時代と言われる中で、なぜ「逃げ恥」は恋愛ドラマとして大ヒットしたのか、その理由を紐解きます。

■「キズつきたくない」世代の共感が詰まってる

解説をする前に、まだドラマを観ていない人のためにストーリーをざっくり解説しましょう。主人公の森山みくり(新垣結衣さん)は、家事代行として訪れた津崎平匡(星野源さん)と就活先確保のため契約結婚をします。最初は一切の恋愛感情がなかった二人ですが、一つ屋根の下で生活していくうちに、お互いを好きになっていき、そして結ばれていくというお話です。

と、流れだけを言うと「契約結婚」という真新しさはあれど、特にとんでもない展開があるわけではありません。しかし今回大ヒットにつながったのには、二人の心の距離の縮め方に、「キズつきたくない」という今どきの若者が恋愛に対して抱く恐怖心を、十分に考慮した進み方をしている点です。いうなれば、「1歩進んで2歩下がって4歩進む」という感じ。

過去に色々挫折などを経験し臆病になった二人が、キズつかないよう周りの協力や偶然に助けられながら距離を縮めていく。これを“ムズキュン”と表現しているのですが、ただの萌えシチュエーションなのではなく共感を呼ぶ葛藤が描かれているのです。

■「自尊感情」の成長物語!

またキズつきたくないと同時に共感を高める要素が、このドラマの鍵でもある「自尊感情」です。

津崎平匡は35歳で恋愛経験ゼロ。森山みくりは恋愛経験こそあっても、ひどい振られ方をしたり、全面的に異性から自分を受け入れられるという経験のない女性です。つまり恋愛に関して全く自信のない男と女が、恋を少しずつ少しずつ進めていくことで、自尊感情を持ち、成長させていく物語でもあるのです。

日本人はもともと自尊心が低い傾向があるといわれていますが、世代が下になるほどその傾向は顕著。このドラマはそんな自信のない現代っ子(といっても大人ですが)に、「わかる!」という気持ちを生み出しているのです。

女性自身 12/24(土) 6:00配信
http://jisin.jp/smart/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/oshimarie/27003


 
 

 
:2016/12/24(土) 12:44:45.61 ID:
俺の周りではたいして話題になってなかった定期


:2016/12/24(土) 12:44:50.60 ID:

ガッキーは好き。他の出演者も嫌いじゃない。けどドラマは見ない。


:2016/12/24(土) 12:46:36.25 ID:

見てる人間が自分も含めて周りに誰一人いないんだけど


:2016/12/24(土) 12:50:41.29 ID:

ガッキーの相手が星野源じゃなかったらもっと楽しめたのに残念


:2016/12/24(土) 12:56:43.47 ID:

つまらない人が老化というより、面白がってる人が幼稚なのでは?


:2016/12/24(土) 12:58:16.17 ID:

ガッキーのキスとかハグがなければ話題にならない程度のドラマ


:2016/12/24(土) 12:59:04.21 ID:

ガッキーの可愛さがすべて


:2016/12/24(土) 13:00:35.82 ID:

芸スポくらいでしか騒がれてるの見た事ない
あと最近○○ロスとか必死に流行らそうとしてるけど何これ


:2016/12/24(土) 13:02:09.09 ID:

いい歳こいた奴らの心の若作りも妙にズレてて痛々しいけどな

なら全く同じ内容で作って剛力主役でも数字取れたのかね


:2016/12/24(土) 13:02:39.96 ID:

星野の方はともかくガッキーは超絶可愛いのに振られるとかそういうリアリティの無さが気になるんだけど


:2016/12/24(土) 13:10:40.94 ID:

おもしろいおもしろくないは別にして楽しんでる人間を前にわざわざ何がおもしろいの?って水差す人間にはなりたくない


:2016/12/24(土) 13:12:29.00 ID:

これとかピコ太郎の流行とかは大衆を操作するためのデモンストレーションみたいなもの。

いかに下らん物で流行を作れるか→下らん物を有り難がる愚民をテレビを駆使し育成→愚民大国日本誕生→政治が国民から遠ざけられる→国民の金を海外に流出させる→愚民は気付かずドラマやスポーツにうつつぬかす

愚民「日本に産まれた自分達は恵まれてる!今日も日本は平和だな~」


:2016/12/24(土) 13:13:51.07 ID:

>>58
中学生か


:2016/12/24(土) 13:12:32.19 ID:

ガッキーはださめな服がいいんだよ
このドラマ的にも


:2016/12/24(土) 13:15:29.43 ID:

みくりがぐだぐだ言ってた内容なんて
男から見たら全然耳に入ってこないんじゃない?


:2016/12/24(土) 13:16:48.55 ID:

整形モンスター女のステマドラマ見るぐらいなら老けるの上等だぜ


:2016/12/24(土) 13:18:18.52 ID:

アラカンだけど楽しんだよ
ガッキーが男にとって最高に都合の良くかわいい理想の女を演じてたのが
男には受けた理由だろう。
女にはなんでここまで受けたのかはいまひとつわからん
星野のキャラが新鮮だったのかな


:2016/12/24(土) 13:18:32.26 ID:

ムズキュン(笑)


:2016/12/24(土) 13:19:34.87 ID:

アミューズとレプロとのステマ戦争で
前半は新垣ステマでリードするも後半は星野源の歌番組攻勢でアミューズが逆転。
それに対してレプロは逃げ恥は面白くないが新垣だけ良かったとの作戦に変更(例:おぎやはぎ)
まさかの能年NHK出演に焦る本間だったが
アミューズとのステマ戦争に負けられない事から、NHKへの抗議を諦め
新垣の紅白審査員出演を了承し、星野アミューズとの争いで再逆転を狙う。


:2016/12/24(土) 13:19:39.60 ID:

楽しい、楽しくないを強要されるのはいやだな


:2016/12/24(土) 13:23:41.89 ID:

俺は希やフカキョン派だから
ガッキーがどうとか興味ない


:2016/12/24(土) 13:24:40.22 ID:

整形モンスターの新垣なんて整形崩れしてしまえw
同じ整形モンスターの深田恭子なんて35を前に崩壊まっしぐらだしな


:2016/12/24(土) 13:28:14.42 ID:

いやホント実際テレビは見られてないんだなと痛感する
紅白も民放のドラマや解散するグループに依存しないといけない現状
民放もたかが最終回で大台に乗った位で国民的ドラマと持ち上げる
風潮


:2016/12/24(土) 13:29:48.63 ID:

これより取ってるドクターXなんてもっと持ち上げるべき


:2016/12/24(土) 13:31:19.16 ID:

>>100
本物はステマしないからな


:2016/12/24(土) 13:53:15.41 ID:

こんなくだらんドラマを見るダメはオランダ
これはバブル[フジ」のドラマだわ


:2016/12/24(土) 13:56:17.75 ID:

ドラマだって自分が見たいジャンルとかあるのにね
俺が好きなデクスターやブレイキングバッドが女子供が喜んで見る訳ないのに
見た奴がつまらないと思う奴は心が老化なんて言われたら仰天だわ


:2016/12/24(土) 13:57:27.84 ID:

>>131
女子供だってw
これだからクソジジイっていやだねえw
うわっくせえwって感じw


:2016/12/24(土) 13:58:44.07 ID:

一昔前はいい大人が漫画をみるなんてダメにされたもんだけど
ゆとり教育のおかげで、漫画が大きな顔をするようになった

アメリカでもマンガコミックのドラマや映画化がされるけど
見ているのはハイスクールレベルまで、大人は見ない


:2016/12/24(土) 14:00:08.41 ID:

>>134
むしろ今、漫画みなくて困ってるんだけどw
一番みてたのはおまえら中年だろ、なに」ほざいてんだかw


:2016/12/24(土) 14:02:18.75 ID:

>>134
子どもの人口減をこえるスピードで
漫画系雑誌は衰退してるぞ、これをどう説明する?
なにがアメリカだよw


:2016/12/24(土) 13:59:05.00 ID:

海外ドラマのドームだっけ?
透明な壁があるやつ
あんなのが見たい


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・かわら版 , 2016 All Rights Reserved.