【宇宙】「5分間1400万円」の宇宙旅行は実現するのかHISとANAがそろって出資を決めた理由 (東洋経済)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

:2016/12/04(日) 08:19:40.32 ID:

12月4日(日)

開発中の有人宇宙機イメージを持つPDエアロスペースの緒川修治社長(中央)を、出資者であるHISの澤田秀雄会長(左)とANAホールディングスの片野坂真哉社長(右)が囲んだ(撮影:大澤 誠)

10年後には、日本発の宇宙旅行が当たり前になっているかもしれない。そんな「夢」の実現に向け、旅行、航空、宇宙機開発のプレーヤーが手を組んだ。

HISとANAホールディングス(HD)は12月1日、宇宙輸送の事業化に向け、宇宙機開発のベンチャーであるPDエアロスペース(愛知・名古屋)に出資したと発表した。出資額はHISが3000万円(出資比率10.3%)、ANAHDが2040万円(同7.0%)。
PDエアロスペースは国内で唯一、有人宇宙機開発を手掛ける企業。宇宙旅行などの商業運航を2023年末までに始めることを目指す。HISは旅行の商品化、ANAHDはパイロットの供給や運航実務などで協力する。

■わずか「5分」の宇宙旅行を計画

PDエアロスペースは、旅客機のように繰り返し使うことのできる宇宙機を開発中。三菱重工業やアイシン精機でエンジニアだった緒川修治社長が2007年に設立した。

同社の特徴は宇宙機のエンジンにある。大気中を飛ぶのに必要なジェットエンジンと、宇宙での飛行に必要なロケットエンジンの2つの機能を、1つのエンジンで切り替えられるものだ。
2012年に特許を取得したという。「従来の航空機のスタイルを踏襲する簡素な仕組みだ」(緒川氏)。

宇宙旅行といっても総飛行時間は90分で、無重力空間を体験できるのはわずか5分ほど。
地上を離陸するとまずジェットエンジンで飛行し、高度15キロメートルでロケットエンジンに点火、高度50キロメートルでエンジンが停止し、慣性の法則でそのまま大気圏を抜け、高度100キロに達する。

ここでわずかな無重力の時間を楽しみ、地球の写真を撮ったりするという。そこからは重力に任せて落下し、高度が下がってきたら再びジェットエンジンに点火して着陸するという流れだ。

→次ページ
海外には先行するライバルも

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/147737

※関連板 http://rio2016.2ch.net/galileo/ 宇宙


 
 
スポンサードリンク

 
:2016/12/04(日) 08:33:43.15 ID:
スマホを動画モードにして気球で成層圏近くまで上昇させて撮影するやつがあるだろ
あれの人間版を作ればいい
宇宙服に酸素ボンベ背負った人間を気球で上げて、気球が破裂したらパラシュートで帰還すればいい
もっと安くで行けるだろ


:2016/12/04(日) 08:39:28.62 ID:

宇宙の定義によるんじゃね?
地上50Kmの弾道飛行でもいいなら、まあ可能


:2016/12/04(日) 08:48:43.44 ID:

二泊三日くらいなら貯金して行こうかという気にもなるが
3日くらいなら断食出来るし

五分じや写真もろくに撮れないよー


:2016/12/04(日) 08:52:37.60 ID:

>>3
で、風に流されて海の真ん中


:2016/12/04(日) 08:53:56.21 ID:

宇宙と言うならせめて成層圏より遠くだろうなー。
静止軌道上どころか高度20kmで引き返す位なら乗らないぞ。


:2016/12/04(日) 08:58:02.10 ID:

>>3
風船おじさん、まだ飛んでるのかなぁ


:2016/12/04(日) 09:08:29.46 ID:

>>3
風船で飛ばしてるのは高度20Km程度、これは目標100Kmらしい


:2016/12/04(日) 09:13:57.69 ID:

>>16
スペースデブリとして宇宙周回してる


:2016/12/04(日) 10:36:41.59 ID:

ライブカメラを打ち上げて
地上からヘッドマウントディスプレイでバーチャル体験出来る時代だろ


:2016/12/04(日) 10:49:35.64 ID:

なんでそんなダメなほどの高い値段なんだろう。
発想力が無さ過ぎるのでは?

スポンサードリンク

今に馬車に代わる乗り物が出来る、ただし5分乗ると1000万円だ
なんてふざけたニュースが出ていた時代があっただろうか。


:2016/12/04(日) 11:04:52.75 ID:

まあ金持ちなら行くだろ


:2016/12/04(日) 11:17:17.50 ID:

>>3
寒くて死にそう


:2016/12/04(日) 11:23:47.86 ID:

HISがそんなに長生きする企業じゃない気がするんだけどな
かといってJTBじゃこんな面白いことに手出さない


:2016/12/04(日) 11:41:39.02 ID:

>>1
うーん

1400万円の宇宙葬にならないよう祈るわ


:2016/12/04(日) 11:51:51.10 ID:

>>3
ヨーロッパかアメリカでやってなかったっけ?
落下速度が凄くて、音速超えるとか錐揉みなるのを防ぐのとか尋常じゃない難しい挑戦だった気がする


:2016/12/04(日) 12:22:46.65 ID:

何回目で事故るかな


:2016/12/04(日) 12:23:58.17 ID:

堀江がひっかかったやつか


:2016/12/04(日) 12:41:55.95 ID:

トレーニング一週間とかあるんじゃないの?


:2016/12/04(日) 12:45:01.70 ID:

まあでも金持ってる人達は世界旅行なんて色々いって飽きてるだろうし
死ぬまでに一度でも宇宙に行ってみたいという人は結構いるだろうね
個人的には一瞬でもいいから宇宙から地球を死ぬまでに一度はこの目でみておきたいとは思うな


:2016/12/04(日) 12:45:45.05 ID:

宇宙ステーションが無重力なのは、地球の引力(重力)と遠心力でバランスが取れてるからだろ
だから宇宙ステーションは高度を下げる事も無い訳だ

この計画ではエンジン停止後は高度が下がるのが前提なのだから、無重力と言っても自然落下する機体内での話
こんなんで宇宙旅行って言えるのかな?


:2016/12/04(日) 12:46:59.75 ID:

宇宙の定義を調べろ。


:2016/12/04(日) 12:50:28.44 ID:

>>79
カーマイン・ラインかよ、ギリだな
宇宙に出るのは一瞬という事だろ
たいした宇宙旅行だねw


:2016/12/04(日) 12:53:09.21 ID:

元旦の時報のときに飛び上がって「今年の正月、おれは地球にいなかった」って
自慢してる小学生とかわんないじゃん


:2016/12/04(日) 12:53:29.10 ID:

>>80
そうです。
米の航空宇宙業界はこんな詐欺まがいをビジネス煽りをする所まで追い詰められてるのです。


:2016/12/04(日) 12:54:41.64 ID:

そんな高い金出して行かなくても、いずれは皆、地球上空500㎞前後あたりにドーナツ状に丸く地球を包み込んでる所に逝くんだから


:2016/12/04(日) 13:11:24.14 ID:

>>78
言いたいことはわかるけど、高度100kmを超える計画だからね
弾道飛行じゃなくて周回飛行しろと

アメリカで最初に宇宙に行ったのは弾道飛行のアラン・シェパードだけど、やっぱり周回飛行したジョン・グレンからが宇宙飛行だよなとは思う


:2016/12/04(日) 13:40:14.53 ID:

>>82
日本の企業の話だと思ったんだが?

宇宙開発が金にならないのは事実だろうな
スタートレックみたいな時代は遥かに遠い


:2016/12/04(日) 13:42:36.03 ID:

>>82
それいいね! 今年それやってみる


スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


広告

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る