2017/01/17

【民進党代表選】玉木雄一郎氏「民主党は信頼されなかった。ゼロから作り直す??」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

 

【民進党代表選・共同会見詳報】

 

e75679e7.jpg

 

 

玉木雄一郎氏「民主党は信頼されなかった。信頼される政治集団にゼロから作り直す」

(略)

「特に今の自民党には、自由でリベラルな、そして包み込むような包容力のある、
そんな本当の意味での保守の考えがなくなっていると思う。敵をつくり、相手を叩き、
社会を分断し、誰が悪い、こんなことをいくら言い募っても国民は幸せに、
そして安心することはできない。
そんなリベラル保守、私はこの考えを民進党の一つの大きな考えにして国民の選択肢たる政党を作りたい」

続き 産経ニュース 全2ページ
http://www.sankei.com/premium/news/160902/prm1609020008-n1.html


 

 

 

 

 

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 53◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471738109/894


:2016/09/02(金)19:38:52 ID:

「リベラル」とか「保守」とか、そういう中身のない肩書きを
僭称するのを、いいかげん止めて欲しいわ。


:2016/09/02(金)21:08:50 ID:

ゼロから作り直すっていうか、中身総取っ替えしなきゃ信頼もクソも無いワケで、
それだと民進党である必要も無いワケだからして、どちらにしても民進党要らねえって事に。


:2016/09/02(金)21:23:09 ID:

こういうこといってる奴全員

民主党は(俺以外の奴らのせいで)信頼されなかった

って思ってんのが透けて見えるんだよなあ


:2016/09/02(金)21:59:02 ID:

民主党時代、ばかみたいに日本共産党なんかと徒党組んでないで
いわゆる「グレーゾーン事態」に対処するため領域警備法を制定していたなら
少しは見直していた。

民進党としては公約に領域警備法制定を入れているが、いまのところ微塵も信用できないです。。。


:2016/09/03(土)00:02:26 ID:

>>1
自分には今の民進党がこういう風に見えるが

「特に今の民進党には、自由でリベラルな、そして包み込むような包容力のある、
そんな本当の意味での改革の考えがなくなっていると思う。敵をつくり、相手を叩き、
社会を分断し、誰が悪い、こんなことをいくら言い募っても国民は幸せに、
そして安心することはできない。」


:2016/09/03(土)01:36:39 ID:

玉木の時点で期待できない


:2016/09/03(土)06:17:38 ID:

>>1
それを言うなら菅の推薦を断るべき。


:2016/09/03(土)07:51:31 ID:

もう おわりだね
きーみが 小さくみえる


:2016/09/03(土)08:17:53 ID:

「立憲主義」が錦の御旗、マジックワードになってしまうような運動に合流した党に対する批判を具体的にしてみてくだしあ

あんなもんは議論とは呼べない、議論なんかどこにもなかった
あれじゃシュプレヒコールもスローガンもオウムのマントラと変わらなかった


:2016/09/03(土)08:37:32 ID:

>>42
一部護憲派と呼ばれる人たちの視点からは、
赤旗に寄稿する小林節自身は出した本や出演する番組でも
自身は改憲派だと名言するにもかかわらず、そんなことには
おかまいなく共産党が彼に脚光を浴びせ頼りにする様子が
たいそうグロテスクにみえたようで。

民進党政権になっても実体法の問題として改憲志向になるのなら
「は?じゃあ、あの野合はなんだったの」と。

安全保障面からの誠実な議論も無かった。あんなザマで公約に
グレーゾーン整備を謳っても説得力なんか感じないです。


:2016/09/03(土)08:45:22 ID:

憲法の話をするのなら、改正案を一条毎に逐次論じてゆき
その中に安全保障や人権や御皇室の位置づけなど個別具体的に
討議していくのが本来あるべき姿なのに、太鼓やラッパで
あほみたいに妙なフレーズがなりたてて自己陶酔している

そんな連中に迎合してなにが「キミタチは間違っていない」だ

最後に

民進党の代表選にいきなり名乗りを上げて「みんな??」
とにかく。
前原・蓮舫との戦いに違いないが「少し」違った意味で面白くなったのかな?
スポンサードリンク

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 新・かわら版 , 2016 All Rights Reserved.