2016/11/21

【企業】QBハウスがNYに出店へ ヘアカット10分10ドル程度を見込む

 

この記事を書いている人 - WRITER -
:2016/11/18(金) 15:34:57.55 ID:
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09677790X11C16A1TI5000/

 ヘアカット専門店のキュービーネットホールディングス(東京・渋谷)は理容店
「QBハウス」を米ニューヨークに出店する。日本の料金体系と同様、カット時間10分で料金は10ドル(約1080円)程度を見込む。
「短時間・低価格」戦略で10年後に50店体制を目指す。国内のデフレ下で磨いた低コストサービスで世界市場を開拓、
2年後に来店客ベースの海外比率を3割まで高める。

 QBハウスはアジアで約110店を展開して…


:2016/11/18(金) 18:13:47.96 ID:

>>1
以前アメリカの田舎の学園都市に1月くらい居たんだけど、
向こうの学生は髪なんて髭でも剃るかのように自分らで切ってたな
夏は上半身裸で窓全開で車乗り回してた

日本人は髪型気にしすぎなのかも?


:2016/11/18(金) 18:44:50.50 ID:

>>59
こういう営業スタイルの床屋ってアメリカはある?


:2016/11/18(金) 22:09:00.15 ID:

>>62
1か月いて床屋1度も見なかった
女はどうしてたのか謎だったな


:2016/11/18(金) 21:44:09.83 ID:

>>1
また安いように装って無駄に時間を引き延ばしてぼったくる散髪屋の話題か!


:2016/11/18(金) 15:36:31.24 ID:

トランプ大統領がやってきて「前髪にボリュームを」


:2016/11/18(金) 15:39:37.02 ID:

アメリカのヘアカット相場がわからない
でも、QB並に安くカットしてる店もありそうだけど


:2016/11/18(金) 16:05:04.54 ID:

>>5
アメリカはシャンプーとかないので男性は高くない。
去年までは10ドルぐらい。今年は12ドルが普通。だいたい15-20分。


:2016/11/18(金) 16:17:49.42 ID:

>>26
色々と探してみるのがいいよ。
俺はお気に入りのイラン人の人が引退してからはベトナムの人。
二人ともカットが上手で日本だったらバリカンを使いそうなところをカットでやってくれる。
日本人の美容室は絶対に駄目。
下手な上に100ドル近く請求する。


:2016/11/18(金) 15:40:03.17 ID:

これは成功するかもしれないな


:2016/11/18(金) 15:40:05.73 ID:

スポンサードリンク

これは失敗する
というか広告宣伝費扱いなんだろうが1年後には無くなってるだろう。


:2016/11/18(金) 15:42:49.87 ID:

まずは切るための髪を生産しなきゃな


:2016/11/18(金) 15:44:06.67 ID:

QBハウスって、消費税が8%に上がったとき「税込料金1000円」から「本体料金1080円」に値上げしてたね


:2016/11/18(金) 15:46:54.49 ID:

そもそも従業員を集められるのか?


:2016/11/18(金) 15:49:15.89 ID:

>>12
商売が成り立つかどうかの9割方はそこにありそうだな。
ほぼテナント料と人件費だから。


:2016/11/18(金) 16:02:01.73 ID:

>>18
ニューヨークのカット代って1万くらいだもんなぁ。
ただ、この値段なら店舗の場所にもよるが白人じゃなく
黒人やヒスパニックだろうからリピート率がなぁ。


:2016/11/18(金) 16:19:05.96 ID:

チップいらないなら人気でるかも


:2016/11/18(金) 16:21:15.79 ID:

私はこの10年ほど、イギリスと日本を行き来する生活を続けてきた。
家の近所でママチャリを乗り回したり、商店街をぶらぶらしたり、
時刻表どおり動く電車で大阪に繰り出したり。

こうしたすべてが日本における生活のささやかな楽しみとなり、
決して飽きることはない。

それ以上に楽しみなのが理髪店だ。
行きつけの理髪店では、シャンプーをしてから髪をカットし、ひげを剃り、
蒸しタオルを顔にのせ、肩までもんでくれる。
機械的に髪を切るだけのイギリスの理髪店とは大違いだ。

もちろん、これは日本の芸術でも伝統文化でもない。
だがこの手の日常のささやかな喜びは、日本に住む多くの欧米人にとって
このうえなく魅力的に映る。

大半の欧米諸国では、コスト効率を追求したせいで、こうした喜びが失われてしまった。
イギリスのガソリンスタンドでは、従業員が走り寄って窓をふいてく れることなどない。
店員もタクシーの運転手も無愛想だし、夜道を歩くのも安全とは言えない。

店員の顧客への気遣いや自治団体の市民サービス、信頼のおける公共交通機関……。
これらを「無駄」と呼 び、切り捨てる欧米式改革を行うことで短期経済見通しが回復するというなら、
日本にはそんな改革など必要ないだろう。

欧米では、車や大渋滞、巨大なショッピングセンター抜きの郊外生活などありえない。
母親が自転車の後ろに子供を乗せ、前のかごに買い物袋を入れて、
近所 を楽しそうに走り回る光景を目にすることはできない。

ダミアン・フラナガン(日本文学研究者)
http://www.damianflanagan.com/DJFlan_N_rev___.html


:2016/11/18(金) 16:38:24.27 ID:

余裕で勝つよ
問題は、あっちの人種別にカット方法を変えられるかだな


:2016/11/19(土) 01:40:15.54 ID:

QB は土日はいつも混んでるから別行ってるわ


スポンサードリンク

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 新・かわら版 , 2016 All Rights Reserved.