預金封鎖とは?ある日突然預金が下ろせなくなる?国の借金1000兆円

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

:2016/11/19(土) 10:28:45.06 ID:

http://diamond.jp/articles/-/106806

2016年10月、日本銀行の日本国債の保有残高がはじめて400兆円を突破した。
日本の国債の発行残高は約1100兆円なので、日銀保有分はその4割近くに達していることになる。
日銀が異次元緩和を導入した2013年当時の保有残高は約130兆円だったから、3年半で約3倍だ。先進国では類を見ない異常な数字である。
その一方で、民間銀行は逆に「国債離れ」が顕著だ。三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクを
合わせた6月末の国債残高は43.1兆円で、3月末から8兆円弱減らしている。長期金利が上昇するとの懸念が高まっている
ことに加え、マイナス金利政策の影響で10年物国債でもマイナス金利の落札が頻発している。
これでは国債を満期まで保有すると損失が出てしまうことになる。民間銀行は国債を日銀に転売することでそれを回避しようとしているのだ。
このような状況下で、日銀だけが大量に国債を買い続けている。
この異常な動きの裏で、日本にいよいよ財政危機が迫っており、政府もそれに備えた行動を始めていると指摘するのは、
『預金封鎖に備えよ』(朝日新聞出版)の著者・小黒一正法政大学教授だ。

2015年9月に財務省の財政制度等審議会において「戦後の我が国財政の変遷と今後の課題」と題した資料が出された。
そこでは、太平洋戦争終戦直後に断行された「預金封鎖」「通貨切り替え」「財産税」といった
暴力的な財政再建策についての検討が行われたというのだ。

小黒教授は「マイナス金利を含めた現在の異常な金融政策は、
日本を『第二の敗戦』に陥れるかもしれない」と警鐘を鳴らす。
日本は終戦直後、莫大(ばくだい)な戦費による財政危機とハイパーインフレに陥った。その
とき、危機脱却を名目に政府がとった施策が尋常ではなかった。
5円以上の旧銀行券をすべて銀行などの民間機関に預けさせ「預金封鎖」するというものだったのだ。
引き出せる金額は月に500円(夫婦と子ども1人の標準世帯の場合。現在の額でおよそ20万円)までに制限し、
必要な額だけを新銀行券で引き出させるようにした。
また、それと並行して数々の新たな特別課税を断行した。なかでも「財産税」は、一定額を超える預貯金、株式、
不動産などの財産に一回限り特別に課税するというものだが、最高税率が90%だったというから驚きだ。
戦後のただでさえ苦しい生活の中で、国民にとってはまさに地獄のような状況であったと想像できる。

そのあとわずか数年で危機は収束するが、結局今の額で約1000兆円を当時の国民が負担したことになる。
政府の負債と言っても、そのツケを払わされるのはつねに私たち国民だということを忘れてはいけない。
小黒教授によれば、2016年1月に導入されたマイナス金利政策も、実は国民預金への課税装置と捉えることができるという。
当たり前のことだが、通常、政府が国民の財産や所得に課税するには、国会の議決や承認が必要である。
安倍政権が消費税増税を再度延期せざるをえなかったように、これは政府にとって容易なことではない。しかし、
マイナス金利政策はすべて日銀の独断で行うことができるのだ。マイナスの幅にも限界の規定はなく、極端に言えばマイナス100%にすることも可能だ。
日銀はこれを利用して、日銀当座預金(民間銀行が日銀に預けている預金)の大部分を没収し、
国債と相無することで債務処理を行うことができる。日銀当座預金の原資は私たちの預金だ。これは私たちのお金が間接的に収奪されることにほかならない。
実行に移されるかどうかは別として、マイナス金利政策の導入によって、日銀と政府はそうした課税の「ツール」を手に入れたのだと小黒教授は警告する。
終戦直後のようにあからさまな形ではないにせよ、あの手この手で国民から資産を収奪するための準備が、
すでに進められているのかもしれない。その意味では、国の借金の私たちへの押し付けはすでにはじまっているとも言える。
そしていよいよ財政が破綻した際には、緊急措置などと称し、なりふり構わない行動に出るだろう。
最悪の場合、預金封鎖や財産税といった悪夢がよみがえるかもしれない。

(続きはサイトで)


:2016/11/19(土) 10:53:02.15 ID:

>>1
すでに、2ch経済通は、

安倍が4年前にアベノミクス(円安、デフレ脱却)を発表した時に、
「このアベノミクスで、日本の経済は奈落の底に落ちて行く。最終的には国民が地獄を見ることになる。」

と、さまざまなデーターや資料を提示して、何度も強い警告を繰り返したのだが、
まさに、今、現実がその警告の通りになりつつある。

4年前と言えば、東日本大地震が起きて日本の3分の1が壊滅した直後だ。
その後にも、福島原発の放射能対策で、以後、日本に膨大な「内需」が発生すると予想されていた時点なのである。

もし、民主党政権時代からの「円高」がそのまま急進していれば、
日本は、その巨大な内需で、「強い円」を利用して、海外から好き放題に復興資源が調達できたのである。
その千年に1度の内需景気は、これまた史上最高額の国の借金をたちまち解消できる可能性もあったのである。

そこに、天に見放されたかのように「安倍」が登場し、
「円安を急進させて、外需(輸出)を振興する」として、これまでと180度反対の政策を実行してしまった。

以後の、日本経済の破滅ぶりはご存知の通りである。(統計市場最悪の貿易赤字。GDPの連続マイナス…)
そして、日本経済の復活の目が永遠に失われてしまった。


:2016/11/19(土) 10:55:08.94 ID:

>>1
日銀の金融緩和の手段が買い入れなんだから、
「日銀だけが大量に国債を買い続けている」のは当然だろうがw

記者は頭おかしいのか?
てか何でダメが偉そうに記事書いたり論評してんだよ。


:2016/11/19(土) 10:33:47.50 ID:

資産のことを一切考えてないから単なる駄文にしか見えないな。
資産がこれだけあるが、どう危険かってことまでいうなら良いけどさ。


:2016/11/19(土) 10:45:15.36 ID:

>>3
資産ってwww
対外債務の免除しまくって、道路や橋などのインフラは老朽化しまくり
土地は使用してるから売れないwww

誰かが真面目に調べれば、パニック起きるのは必然


:2016/11/19(土) 10:47:27.08 ID:

>>18
人気のある円でも不安ならスイスフランや金に変えとけば?


:2016/11/19(土) 10:47:58.45 ID:

>>18
アナタがまず真面目に
日銀循環統計の内容を1から理解するとこから始めようね


:2016/11/19(土) 10:48:42.57 ID:

>>18
起きてないだろ
あほか


:2016/11/19(土) 10:56:14.75 ID:

>>18
土地を売って新たに土地をレンタルする契約を結べばいい


:2016/11/19(土) 11:02:18.97 ID:

>>18
理解してるやついるじゃないかw

資産価値、経済効果の算定 安全基準の算定
でっちあげてつじつま合わせてるだけなのに

維持費の方が高い田舎の道路、安くて安全のはずの原発
1便しか飛ばない飛行場
価値のない資産に数字をくっつけてるだけ


:2016/11/19(土) 10:34:28.60 ID:

預金封鎖について質問がある
引き出せなくなったらどうなるのか
社会が混乱するのか?

日常の公共料金の口座引き落としが一般化しているがこれらが滞納という事態になるのか?
クレジット関連住宅ローンなどの振り替えは?
企業からの給与振り込みは?
企業同士の手形や小切手の引き落としは?


:2016/11/19(土) 10:38:21.53 ID:

>>4
銀行の本店のものだが
戦後と金融の状況も異なり
実施されるとしてもまず関連法案を通す必要があるだろう
預金封鎖方法は戦後にやった内容と同じとは限らないので
「何がどうなるか」は現状ではわからない

スポンサードリンク


:2016/11/19(土) 11:06:06.49 ID:

>>9 現状誰もわからないとは 庶民は対策が出来ないのですね
>7の意見についてはどう思われますか?
日銀が株式会社であることは存じておりますがその株主が日本政府とは
存じませんでした。まして子会社などという位置づけではないと思いますが
いかがなものでしょうか?


:2016/11/19(土) 11:12:18.10 ID:

>>47
法律上、日銀は株式会社ではありません。
出資は民間ですが意思決定が公的であり
国家の中で重要機能を担っているので
比喩として子会社というのも無しでは無いかとおもいます


:2016/11/19(土) 11:44:04.51 ID:

>>4
基本的に全部ストップ。
ただ国債があれば戻ってくるよ。
これは破綻した場合であって、普通は税率を上げて払う。
ただ日本政府は昔から左翼に弱腰なので上げるべき税率をあげられないから、こういうケースも十分ある。
10年もせずにはそうなっている可能性はある。
いずれにせよ、社会保障、年金や医療保険、赤字財政などが破綻するのはそれを理屈無く許さない左翼のおかしいと弱腰でご機嫌をとってやるべきことができない歴代の日本政府のせい。


:2016/11/19(土) 10:37:53.56 ID:

日本政府の借金のうち日銀による債権が300兆円これは政府の子会社だから返さなくても大丈夫
それから、日本政府の資産が600兆円
これでどうやって財政危機になると言うんだ


:2016/11/19(土) 10:44:44.98 ID:

中国の借金は3300兆円だけどね


:2016/11/19(土) 10:55:08.45 ID:

インドで壮大にやらかしたばかりだしな
いつあるかわからんわ


:2016/11/19(土) 10:57:27.59 ID:

日本は資産があるからいくら借金しても大丈夫とかいう高橋信者がまだいるのか


:2016/11/19(土) 11:01:34.34 ID:

>>30
少なくとも、資産のことを一切触れずに
借金のことだけ言って不安を煽るのは
ダメか工作員のどちらかだと思うぞ。
資産があっても危ういというなら最初からそう言えばいい。


:2016/11/19(土) 11:03:09.50 ID:

>>38
換金出来る資産ばかりじゃないし、

もし大量の国債を解消するとしたら、

これから集める税金から払うんだよ。


:2016/11/19(土) 11:03:54.51 ID:

金融として資産と負債、資本を比較する場合は
資産の部から、売却して返済原資に充てられないものは削除して計算する。

また、資産の中で短期的な返済に充てられる資産と
短期で返済期日がくる負債の比率も重要


:2016/11/19(土) 11:05:32.60 ID:

インフレ崇拝の人は戦時国債はインフレで償還したことにしたがるけど実際これだしね
無関係なのに


:2016/11/19(土) 11:17:03.24 ID:

>>45
世界一の対外資産を持つ今の飽食日本と、食うもんにも困って外国に借金してた焼け野原の終戦後の日本を比べてどうしたいの?


:2016/11/19(土) 11:26:21.76 ID:

>>59

世界一の対外資産じゃない、対外資産世界一はアメリカ。
日本が世界一なのは、対外純資産。

これは海外からの投資が少なく(成長性が期待されてない)、
日本から海外に投資された結果であり、
殆どが民間の証券投資。

つまり、課税出来ない資産がそれだけあるので(海外の資産に日本政府は課税出来ない)、
むしろ政府の財政破綻を防ぐ為に、課税したり国債をファイナンスさせたり出来る資産が、
それだけ減少してしまっている訳で、
財政破綻に対するポジションは、プラスどころかマイナス。

対外純資産の多さは、政府の財政破綻を防げるものではない。
だから、対外資産が日本どこじゃなかった過去のイギリスなども破綻してる。

政府が破綻しようが、海外の民間資産を国内に戻して、
政府に献上する国民や企業なんぞ、まずおらん。


:2016/11/19(土) 11:18:09.56 ID:

対外資産といっても民間含めだし
簡単に引き上げられる資産でもないしなあ


:2016/11/19(土) 11:22:08.92 ID:

>>61
そう。国の借金も増えてるが、それに比例して国民資産がそれ以上に増えてるぞ。何か問題あるのか?


:2016/11/19(土) 11:21:03.19 ID:

的外れだろ
不換紙幣はゆるやかか急激かを問わず購買力は長期的に下がる
そのことを承知で使ってるんだから


:2016/11/19(土) 11:22:04.94 ID:

>>66
別にインフレ叩きの話とは異なるとおもうんだが


:2016/11/19(土) 11:24:50.70 ID:

大事なのは、預金封鎖-解除後の日本社会だな。
人口減、財源不足は解決しない。人口の安定は2070年以降だろ。
決定的に国内の最先端産業は、諸外国と差が出ている。
それをどうするか。その間に日本を守りきれるかって話だな。


:2016/11/19(土) 11:26:56.41 ID:

まず米が超絶インフレになり金利爆上げドル暴落
話はそれからだ


:2016/11/19(土) 11:28:21.05 ID:

あと2100年以降は、海面上昇で今の都市の大部分が水没する。
インフラ含めた都市移設や主食である米の確保とかどうする気なんだろな。


:2016/11/19(土) 11:30:50.01 ID:

最終的に税金を取り立てないと返済できないわけだから、

日本の国債って普通に危なっかしい状況ではあるんだよ

景気を良くするとか本当に意味のあることをしないと解決できない。


:2016/11/19(土) 11:31:12.63 ID:

戦後とまったく環境が違う
資産過剰がデフレの元凶
土地貴金属はむしろ暴落する


:2016/11/19(土) 11:31:45.74 ID:

借り手が貸し手の利益を犠牲にして無リスクで一方的に利益を得られるような金利設定はできないはず
と通常の経済学な人々は仮定するもんだし


:2016/11/19(土) 11:35:15.91 ID:

2500年には別の知的生命体として他の恒星にいるけど
地球の記録媒体に昔の人間の姿は下等生物の一群として残ってるな。
この記録媒体が真実かどうか知るすべはないけど。


 

スポンサードリンク

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 新・かわら版 , 2016 All Rights Reserved.