メラノーマってホクロに似た病気?見分け方・動画!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホクロに似た症状が現れるといわれる悪性黒色腫(メラノーマ)。
悪性黒色腫(メラノーマ)の初期症状とは?
悪性黒色腫(メラノーマ)の腫瘍細胞はメラニン色素を産生するため、多くの場合、黒褐色の皮膚病変として出現します。ごくまれに、腫瘍細胞がメラニン色素を産生せず、色素沈着をともなわない病変として現れることもあります。

悪性黒色腫(メラノーマ)の初期症状には、下記の5つの特徴があるといわれています。

  • 病変の形が左右非対称性
  • 辺縁がギザギザしていて整っていない。色がにじんだように見える
  • 同じ病変内で色調が淡褐色から黒色まで混在していて、均一でない
  • 大きさ(直径)が6mm以上
  • 大きさや形状、色調、表面の様子に変化がある

 動画

長年の臨床経験を持ち、オールアバウト美と健康のガイドでもある、皮膚科医しのぶ先生による、『皮膚科学大辞典 動画集』です。この機会に…
スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


広告

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る