好きな小説について語り合おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

好きな小説について語り合おう
ジャンルを超えて好きな小説について語り合おう

:2014/03/23(日)19:51:01 ID:

吾輩は猫であるは時代を超えた素晴らしい作品


:2014/03/23(日)23:14:32 ID:

滝本竜彦のネガティブハッピーチェーンソーエッジ
マジで傑作だと思うけどあまり共感してもらえない


:2014/03/24(月)10:14:50 ID:

スレタイの最後に番号付いてるのが草


スポンサードリンク

:2014/03/28(金)14:49:50 ID:

>>3

いい作品だとも思うけど、あの人のエッセイとか読むと、
結局なんか鬱っぽい生活に耽溺してるようにしか見えないんだよね。
だから、あの作品の最後のほうに、死んじゃった友達に
『生きてる俺が羨ましいだろう』みたいなことを叫ぶシーンがあるけど、
結局作者としても生きてることのなにがいいのかみたいな問の答えが
十分出てないようにも見える。
だからいまひとつ消化不良な印象を受ける。

まあ、生きているのがつらいのに、それでもさしたる理由もなく
生きていかなきゃいけない。
みたいなことを描こうとしてるなら成功してるのかもしれないが。

なんか中島らもの『今夜すべてのバーで』を読んで感動した後に、
作者が酒に酔って階段から落ちて亡くなったって聞いて、
なんか釈然としなかった感じと少し似てる。

それと比較して、田中ロミオの『AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~』で、
主人公が死のうとするヒロインに、天ぷら蕎麦食ったりDIYしたりするのも楽しいぞ、
俺も教えてやるから死ぬなんて言わずに生きてようぜみたいなことを言うシーンがあって、

そいで、田中ロミオが別の作品のあとがきで、
『自分は絶対に死にたくない、悪の権力者みたいに生に執着するだろう』
みたいなこと書いてるのがあった。

だから、田中ロミオは滝本竜彦と違って
書く小説のテーマに自分なりに結論出してから書いてるんだなと思った。

乱文スマソ

>>4
レスを1000まで伸ばして2を作ればいいだけのことだ。
道は遠いが……


:2014/03/28(金)17:43:28 ID:

阿刀田高の「脳味噌の報酬」
衝撃のラストだった。


:2014/03/30(日)17:11:19 ID:

雪国は良かった


:2014/03/31(月)01:30:24 ID:

庄野潤三の静物は印象に残ってる


:2014/03/31(月)12:12:55 ID:

人間失格を初めて読んだ時は衝撃を受けた


:2014/03/31(月)17:24:51 ID:

司馬遼太郎の燃えよ剣は面白かった


:2014/04/01(火)00:56:41 ID:

司馬遼太郎なら花神が好いとぉ


:2014/04/23(水)20:45:34 ID:

数年前から応援している
髙田郁「みをつくし料理帖」傑作シリーズ過ぎて泣ける


:2014/04/23(水)20:46:56 ID:

あ、>>12だけど歴史小説ね
江戸時代の女料理人の話ベストセラーにもなったから知ってる人居るかな?


:2014/04/23(水)21:16:08 ID:

海野十三の「人造人間エフ氏」
海野十三はもっと読まれてもいいと思う


:2014/05/03(土)13:56:19 ID:

上甲宣之の「コスプレ幽霊 紅蓮女」


:2014/08/29(金)14:59:12 ID:

米澤作品全般


:2014/08/29(金)15:54:34 ID:

近藤史恵の「サクリファイス」
読んであまりの衝撃に500円で読んでしまって申し訳なくなった。
あれで500円は安すぎ。ロードバイク知らなくても面白すぎる。
今はエデンも小説化されているみたいだし、
あのシリーズは非常にお買い得だと思う。


:2014/09/01(月)10:17:02 ID:

サクリファイスのシリーズはマジで良い
ロードレースファンのツボも押さえてるしな
ただシリーズ物の常で最高なのは一作目のサクリファイス
まあしょうがないけどね


:2014/09/08(月)09:43:12 ID:

司馬遼太郎の菜の花の沖


:2014/10/04(土)13:28:28 ID:

笠井潔「哲学者の密室」が好き


:2015/03/17(火)19:02:02 ID:

人間失格


:2015/10/19(月)00:10:26 ID:


:2015/10/20(火)13:06:51 ID:


:2016/01/17(日)22:13:11 ID:

小林昭人のAn another tale of Z
小説を読んでいて幸せだと感じるときがあまり無いのだけど
この作品についてはそう感じられたその意味でも稀有な存在


:2016/06/06(月)20:22:50 ID:

こんなスレあったんだな
最近逆転裁判のアニメ見てると何故かキャラが本好きの下剋上を連想させるんだよな
フェルディナンドが被告席に座った御剣検事みたいな


:2016/06/12(日)01:21:33 ID:

オウムのように証言するシュミルズ


:2016/06/12(日)16:16:22 ID:

森博嗣ははまったら一気に2.30冊読んでしまう


:2016/06/12(日)18:26:10 ID:

すべてがFになるって20年前の作品だったのか
全然気が付かなかったなあ


:2016/06/12(日)22:56:13 ID:

理系の小説って消化不良がなくていいよな


:2016/06/15(水)19:42:05 ID:

コピー&ぺったん
「今は」知ってるって元ネタあるんかい!
まあ貼り付けって書いてあるしペーストだと練り物みたいだから
わかりやすくてむしろいいのかもしれない


:2016/06/15(水)19:52:28 ID:

理系小説ってどんなのがあるんだぜ?
森先生っていちおう理系小説ってくくりでOKなのか?


:2016/06/15(水)20:16:31 ID:

>>31
とりあえずぐぐってみたら検索結果にちらほら出てくるからそうなのではなかろうか?


:2016/06/16(木)01:25:19 ID:

専門的なことを作者が初めから理解して書いてるのと、
誰かに監修して貰ってるのでは、やっぱり話の掘り下げ方に違いが出るだろうか?


:2016/06/16(木)21:58:38 ID:

一見メチャクチャやってるように見えるんだけど
実は緻密な計算で動いてる話ってあるよな、角度とかそういうのは理系でいいんだろうか?


:2016/06/18(土)16:59:02 ID:

マギクラフト、忘れ去られた設定かと思ってた重力問題が今頃でてきたな
小さいんじゃなくて軽かったのか


:2016/06/30(木)08:17:45 ID:

クインタ万歳!
しかしマギクラフトと名前被らせてくるとは思わなかったな
魔結晶に記憶転写だと標準サイズで50人分が限界だというから
歴代の記憶を受け止めるには相当でかい器が要るだろうな(違ツェントつまり第五王子がカルステッドと同じくらいの年頃だというから
一体誰の五番目なんだろ?
アダルジーザの実であれば、3人が姉あるいは魔力が基準以下で、4番目の兄がランツェナーヴェに戻された事になるよなあ
貴族院に王族の姫の目撃例は一人しか居ないし、処刑された姫に娘が複数なんて話も無理がある
考えられるのは魔力量が第五位だった、つまり第四王子以下は赤ん坊の時に既に抜いてたって感じかな?
第二王子の生前か没後かで話が変わってきそうだ


:2016/07/01(金)09:11:40 ID:

グラフの導入って単に現代知識のチートというより、魔力確認時の柱とかで理解の下地があるんだと
今更ながら気がついた。


:2016/07/01(金)22:48:22 ID:

お茶会出てないのに王族に名前覚えられてるダームエルは青色神官としての偽装が完璧過ぎた?
神殿のポストが空いた時に変人はもう困るからとご指名されちゃったりしたら笑えるだろうな


:2016/07/06(水)20:59:23 ID:

神殿の下の礎は予想通りではあるけど、宿泊施設云々の噂はなんだったのか気になる


:2016/07/06(水)21:17:21 ID:

神殿の話は気になってた。領地の首都?を今の町にした時に門を改造して神殿にしたって感じの話があったし
その時に礎も設置したのかなぁって考えたり本好きの話題が豊富だねぇ。別の話題の方がよかったかな


:2016/07/06(水)21:49:25 ID:

へっぽこ予想ができる小説が好きだな
読みを当てられただけで予定の話を全部キャンセルしちゃうとかだと恐ろしくて話題にできない


:2016/07/15(金)01:03:59 ID:

本好き佳境だな
とりあえずこれはアーレン乗っ取りの一択だろう
アウブになれば王族に成らなくて済むわけだし、
どうせ鍵の件で疑われるのは確実なんだから面倒だからやってしまえばいい
しかしここは攻撃は最大の防御だと最強の領主候補生たるボニ爺を大領地のアウブに誘惑するのが妙手かな?
曾孫を領主候補生にするまで長生きしてもらえばいい話だけど、
それまでは次期アウブ候補がローゼマインしか居ないという状態になるから王族も迂闊に手を出せまい
っていうかアーレン絡みの二つの王命はこれでご破算になったのか気になる
まあレティの関与はないだろうからドサクサ紛れて無かったことにするだろうか?


:2016/07/17(日)22:55:08 ID:

本好き一時荒れてたの、あれってなんだったの?
最近読んでなかったから読むのこわい


:2016/07/17(日)23:26:13 ID:

最弱キャラ論争はそろそろ脱出だろうか?(そんなものはない)


:2016/07/18(月)08:37:25 ID:

スポンサードリンク

例の魔紙300枚の製本を依頼されたグーテンベルク達が何を思ったか印刷の無茶振りと勘違いして
ハイディの開発した特殊インクが原因で写本認定通ったら笑えるんだけど、まあその後が大変だろうな
こんなこともあろうかと転送用に確保していた魔力をかき集めて意外と何とかなったりしちゃったら凄いけど


:2016/07/18(月)18:18:07 ID:

刹那の風景おすすめ!


:2016/07/18(月)23:32:03 ID:

クインタじゃ無い方の名前を知ったのはハンカチの刺繍だった訳だけど、
実はこれ、まだ文字を覚えたての頃のトゥーリ作品だったという説ってどうだろう?
トゥーリ失恋の時、神官長とは殆ど接点ないということで除外されてたけど
接点があったとなればアダルジーザのパネットーネENDもまだワンチャンあり?


:2016/08/07(日)16:34:47 ID:

某冒険者の経営支援してた靴屋さんが本好きウイルスに感染したみたいになってて吹いた
グル典の内容って正直こんな感じじゃないかとへっぽこ予想してた時期もあったんだよなそういえば
>>48もまさかすぐにSS来て陳腐化するとは思わなかったけど
このタイミングで書けたのはほんとラッキーだったのかもしれない


:2016/07/19(火)18:44:43 ID:

正直、本好きは壺の専スレで語り尽くされてるんで
このスレを本好きスレとして乗っ取られてもなあ…ってのがある


:2016/07/19(火)20:24:43 ID:

>>49
他サイトの話じゃなく、好きな小説の話を宜しく
無いならむしろ他の小説の方が語り尽くされてるという事になる


:2016/07/19(火)22:41:07 ID:

いや本好き占領は迷惑だわ


:2016/07/19(火)23:50:31 ID:

>>51
タブレットの時代はなかなかこないな


:2016/07/20(水)04:04:08 ID:

>>51
ある程度占領ぽくなったら専スレで独立よな
でもここじゃそもそも絶賛過疎だからそんな心配は無用やで


:2016/07/19(火)22:46:41 ID:

嫌いな小説について語り合うスレはここですか?


:2016/07/20(水)21:14:43 ID:

なろうスレで何回も書いてるけど
むいむいたんのむいむいがとても可愛らしい。
最初は芋虫可愛いでひたすら読んでいたけど
時々挟まれる、あまり興味のない小話とかすっ飛ばしていたんだけど
最近は小話がどうも意味があるかんじになってきて
読み直している。
芋虫がすっとぼけた思考の持ち主でその浮世離れした
性格が可愛い。芋虫のちいさな丸い手も可愛い。
等身大の芋虫可愛い
脇キャラも可愛いよ。ドジッコ機械メイドとか。


:2016/07/24(日)10:26:33 ID:

>>55
最新追いついたんだぜ
女の子っぽいとは言ったけど本の虫を簀巻きにしたりなかなかワイルドだぜ
しかしまさかあの本文と関係が無さそうな箸休めが予言だとは思うまいぜ
でも初期PT再結成は近いようでなかなか実現しないんだぜ
姫は予想に反していい子だったけどくっついてった子の消息はどうなってるんだぜ?


:2016/07/20(水)22:07:06 ID:

芋虫の話の紹介は記憶に無いな
最初女の子みたいな性格だなあと思って読んでたら
意外とテンプレ冒険者始めたりして、あれ芋虫だよな?腕幾つだっけとかそのへんから読み直しに特に叙述トリックというわけでも無いと思うけど、読み直すと記述の印象が変わる文章って不思議だよな


:2016/07/21(木)21:26:59 ID:

なろうスレで3回くらい名前出してるかも。
初っぱなに女の子を助けて旅の共にして街にいくというから、
おなじみテンプレ第一ヒロインかって投げかけたけど、ちょっと違った
ちょっとした世界の謎解き状態になっていて
最初の方ゲームっぽい世界って主人公芋虫が言ってたから
この先なにか出てくるかなって楽しみにしている。ありがとう。
むいむいたん語れたわ!
芋虫糞可愛い!


:2016/07/22(金)01:16:45 ID:

先入観的な世界観イメージが何故か無職転生だったのは星獣様という名称にあるんだろうな
わふぅ


:2016/07/22(金)16:00:50 ID:

アリュージョニスト……の話をするのはやめておこう
個人的に好きなのは支援BISさんの小説とかかな
竹内すくねさんも好き
(両方とも作品をきちんと完結させてくれるから、という意味で)


:2016/07/24(日)20:02:28 ID:

>>59
好きなら気兼ねせず語ってもいいのよ。自分も語りたい口だしね
人物、展開、呪術、引喩元、聖なる2つの御名を配置する斜め十字までなんでもどうぞ


:2016/07/22(金)18:28:53 ID:

好きな小説であって人に薦める小説じゃないんだから
別にエタでも構わないんだぜ
まあ評判を気にする作家先生は名前すら出しにくいというのはあるけどね10の良評価よりもそれによって生じる1の批判の方が刺さって
裸の王様だと思い込む所謂豆腐メンタルの可能性があると、連載中の言及はドキドキの冒険やね
距離が近いというのはファンにとっては嬉しくも有り不便なこともあるわな


:2016/07/23(土)23:07:57 ID:

攻略なんぞされてまるか!と巫女姫♂復活しねえかなぁ…

こういうノリのいい作品は最近捕まらんなぁ
俺の感覚が変わったのか?と思って読み返してみたが
そうでもないみたいだ


:2016/07/24(日)19:45:35 ID:

うっは
むいむい長いのに頑張ったんだなー
おつかれ今、ジョなんとかのその後が出て無くて疑問に思うけど
きっとあとで伏線回収来ると思うから我慢してるんだぜー(たぶん)
なぜなに~の時に紫煙の魔女が出てきてたもんな。ふくせんいっぱい!


:2016/07/27(水)06:04:06 ID:

アリュージョニストはシェアワールドベースだから
持ち上げられてる部分の果たしてどれぐらいが作者の功績なのかって疑問はある
そんな興味のためにゆらぎの神話体系を全部追ってみる気にはなれないが
ニャル子を「旧神の設定がすごい!」と持ち上げる状態に陥ってないかとかw


:2016/07/27(水)12:22:42 ID:

それを言ったら歴史小説の作者が何もしてないみたいな話に陥ってしまう訳で、
まあスポットライトを当てた素材選択の妙も含めての作者の功績でしょう。
卑弥呼の話で大陸の設定が凄いとかって聞いたことない。


:2016/07/27(水)13:54:02 ID:

小説として凄いじゃなく設定作りこみすげえみたいな話によくなってるからさ


:2016/07/27(水)21:43:16 ID:

名称、逸話を多数借りてきてるけど独自色が強いみたいだ>アリュージョニスト
しかし、少なくともこの作品においてオリジナリティの区別なんて瑣末事だと思う
そもそもブリコラージュなどを援用しつつ、既存のありふれた要素の集合から組み上げる「創出」が主題だからね設定だけ話題にされるのは最も目につきやすいのと
過積載ゆえに評価の軸を共有しにくく感想の言語化にも困るからかと


:2016/08/06(土)23:05:27 ID:

テンプレだと思わせて広まった設定を調べてみたらオリジナルが意外な作品だったみたいなことってある? そっちも有名だけど知られてないみたいな


:2016/08/07(日)10:09:51 ID:

昔図書館で借りたジェイムスン教授シリーズをまた読みたい。
死後遺体を宇宙に打ち上げてた主人公が、通りすがりの異星人に回収され
サイボーグになり、一緒に宇宙を冒険するってやつ。形状が珍妙で箱に4本脚と触手が付いてる。八方を見られる多数の目。
性欲も寿命もないから好奇心だけ旺盛で、行く先々でもめ事に首を
突っ込み、さらに拗らせて逃げ出していく。

たびたび死者も出るけど、そのへんの死体から脳を回収して仲間にする。
主人公も変な死体がある、と入れられた口だ。

一種の異類転生で、昔人間だったことなんかなんも関係してこないから、
今なろうにあっても全然違和感ないだろうなぁ。

ともかく作者が科学知識ゼロに振り切った人で、主人公の死後1000年くらいで
太陽は燃え尽きて人類滅亡してるし、連星の間では観覧車みたいの
超高速でぶん回して宇宙船送りあってるし、文庫本のような形状の星が
在るんだけどカドを乗り越えるとカクンと重力の方向が変わる。
天・地に当たるとこでは大重力で、そこから表紙・裏表紙に一歩
入ると「おー、ここは重力が快適だぞ」

今なら大炎上間違いなしだけど、結構人気も出そうに思う。


:2016/08/07(日)14:18:45 ID:

元祖タイムマシンだって結構いい加減な世界だった気がするし
イトカワの重力とか考えると案外バカにできないんじゃないかなそれ
なんか適当なオーパーツを設定するだけで充分説明付けられたりしそう


:2016/08/09(火)22:38:27 ID:

夏への扉がけっこう好き
ネコが出てくること。
主人公が童貞臭いけど(恋人はいた)初々しくて微笑ましいこと。
ラノベとか読み尽くす感じで読んでたころに出会ったから衝撃というか、うん


:2016/08/10(水)00:23:06 ID:

そういえばここはネット小説板じゃないんだな


:2016/09/01(木)21:07:59 ID:

猫といえばバタカップ


:2016/09/02(金)02:04:33 ID:

パヴァリア戦史(「亜空間潜艦を撃て」「亜空間に突入せよ」)が好きだったな
続きはもう出ないだろうけどもう一度読み返してみたい


:2016/09/04(日)20:52:40 ID:

信者をまるで魔女みたいに言うんだが魔女なんて存在しない
魔女の存在を疑わない「信者」はそいつだというオチ


:2016/09/05(月)01:25:01 ID:

信者の手引きがあるような作品はある意味踏み絵というか、入門用のパッチテスト
そこでアレルギーが出てしまう奴に信者が居ないアクの強い作品は紹介できない
つまり、反応なんか知ったこっちゃないスパムやチラシの裏がはびこる原因となるわけだが
そっちが信者だと誤認しているんだからスパイラルが止まらない罠


:2016/09/05(月)19:55:31 ID:

まあその手合いは不愉快と言われて空気読んでやめるとは思えないけどね

まったく同じ事は信者怖いとまるで信者をまんじゅうかなにかみたいに言う人にも言えるな
空気が読めないと相手にレッテルを張っているつもりならそんなこと言ってどうするんだと

そもそもそういうイメージは一般には「おたく」の範疇で、「信者」とはイコールにならない
個人的には親切だが考えが固いといったイメージだな


:2016/09/06(火)02:14:05 ID:

自業自得だよね


:2016/09/07(水)22:24:32 ID:

好きな物について語りたくなる気持ちは
分かるが 信者認定とか全然わからん


 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


広告

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る